調査票が出来上がったら、入稿前にご確認ください!  

アンケートの入力件数が少ない場合は大きな問題になりませんが、
大量になった場合、料金もかかるし納期もそれなりに掛かってしまいます。

お料理はちょっとした塩加減で、美味しくもなるし不味くもなってしまいます。
料理を全部作ってしまってから(印刷⇒配布⇒回収)不味くなってしまったと
後悔されても手の施しようがありません。

アンケート調査票もちょっとした変更で、入力しやすい調査票に変更できます!

                                

◆  特におススメ及び注意して頂きたい下記3点  ◆

           〈 目次 〉
 1) アンケート入力料金が割高にならない調査票設計 
  2) 数値回答は回答欄を工夫
 3) データクリーニング

                                 

   1) アンケート入力料金が割高にならない調査票設計とは?

  調査票を作成する時、設問やそれに対応する選択肢を考える等、かなりの労力が
  かかります。そして紙媒体のアンケートの場合は、それに付随してアンケート入
  力が必要になってきます。

  長年アンケート入力に携わってきた弊社が気になるのは、調査票が出来上がった
時点で、ご自身でアンケートに答え、それを入力して検証されていないと思われ
る調査票です。

  下記に示す通り、数値の有無で入力単価に倍以上の差が出ます。
ちょっとした事を注意することで入力料金はグッと抑えられます!

〈例1〉の場合、「表1」の通り、回答が無い項目もエンターキ―含め12タッチ入力しますが、〈例2〉の場合、「表2」の入力データの通り、6・9と入力してTAB入力で3タッチで済みます。
そして、入力後マクロプログラムで「表2」の出力データに出力します。
例2〉のタッチ入力数は、〈例1〉の半分以下になりますので入力料金もグッと抑える事ができます!

   2) 数値回答は回答欄を工夫するとは?

   アンケート設計者が熟考して作成した設問も、回答者には質問の意図がうまく
伝わらないことも
あります。
  ほんの少し手直しをすれば回答者が容易に答えられるアンケート票になります。
  下記のような”惜しい”アンケート票になっていませんか?

 ◆単位がない、単位が分かりづらい設問はありませんか?  
〈例〉  問.  御社の年商は何万円ですか。

このような回答の記入があった場合、回答者はA、Bどちらも1000万円と回答としたつもりですが、Bの回答も大企業の場合ありえますが、回答者は1000万円と回答したつもりですので、Bをそのまま入力すると100億円になってしまい、調査結果に多大な影響が出ます。
このような設問の場合、回答の求め方を注意しなければいけません。

―――――――――――――――――――――――――――

◆  ポイント ◆

単位を回答の右側に設定  

単位を右側に付けることで分かりやすくなります。
しかし、「B」の回答者のように単位に気づかず回答
してしまう可能性もあります。


1桁ずつ枠を作る 

枠があることで見やすく、「B」のような大きな
単位の間違いも発生しにくくなります。


数値回答の場合、大きくなるような数値には単位をつける場合がありますが、
回答者は単位に気づかないで回答される場合があります。

このように単位に気づかない回答があった場合、せっかく苦労して集めたアンケート票でも、その設問は使い物にならなくなってしまう場合がありますので注意が必要です。

    3)データクリーニングとは?

アンケート回答は、回答者自身にとってあまり得することはなく「お願いされたから
回答する」がほとんどです。そのため、回答させたアンケートに対して見直しはほと
んどされません。

 ◆数値回答を集計する場合大きく分けて2通りあります。
 ① カテゴライズして集計

 ②  平均値・中央値・標準偏差等で集計

①で集計する場合、
1.1000万円未満    2.1000万円以上3000万円     3.3000万円以上5000万円
                  4.5000万円以上1億円    5.1億円以上5億円        6.5億円以上10億円
7.10億円以上50億円   8.50億円以上100億円        9.100億円以上

このようにカテゴライズする場合、回答者が単位に気づかず回答されても大きな問題になりません。
しかし、②で集計の場合、設問の単位が”万円”なので、単位に気づかず回答された数値との差が1万倍違うので、そのまま集計は出来ません。
このように明らかに誤回答と判断できた回答があった場合、削除や修正、正規化などを行い、データの品質を高めること(データクリーニング)が必要になってきます。

 ◆データクリーニング方法は大きく分けて3通りあります。
 ① 記名アンケートの場合、回答した本人に直接尋ね修正する
 ② 法人名等の記載があった場合、推定して修正する
 ③ 数値の大きい回答は異常値として処理する